TANGIBLE HR

自社に合う採用ノウハウをオーダーメイドで作り上げる

少子高齢化に伴い、人材採用はますます難しくなっていきます。
特に社員数数名から100名規模の会社は
「とりあえず媒体に求人を出す」といった場当たり的な採用ではなく
自社の強みや魅力を客観的に把握した上で
多角的な採用戦略を練ることが重要です。

TANGIBLE HRは、 これまでにのべ1500社の
中小企業の採用をお手伝いしてきた実績と
業界内に持つ幅広い人脈を持つコンサルタントが担当します。

どのようなサービスを希望される場合も
貴社のこれまでと今、そしてこれから目指す姿、
採用戦略や今後の組織体制までじっくりヒアリングする中で
企業の魅力を再発見し、「Only oneの強み・魅力を持つ企業」 へと
変わる採用活動をサポートします。


採用の基本をおさえる


採用戦略をプロの目線で考えて欲しい
・コストをかけずに採用を成功させるには?

採用に力を入れたくても時間が取れない経営者の方や
採用専任担当が社内におらず外部に任せたい方に代わり、
貴社の採用戦略の立案や効率的な採用活動をサポートします。
求人媒体枠を「売る」ことが目的ではありませんので
課題を踏まえた上で、ローコストかつ最適な採用手法をご提案し
必要に応じて実践までサポートします。




拡大期に向けて戦略の見直しを

・最近採用が上手くいかなくなった原因を知りたい
・自社の採用課題を第三者目線でチェックして欲しい

それなりの採用経験をお持ちの方も、
自社の採用について考え直すべき時があります。
採用難がますます進むことが予想される時代にあって
「現状維持」は衰退につながってしまいます。

以前より応募が少なくなった。
なかなか面接ができなくなった。
これは、今までの採用を見直すべきサイン。

第三者の目線を通じて課題を発見することで
自社の採用力を強化しましょう。



成長サイクルを作れるチーム作り

・採用担当やチームを立ち上げて採用力を高めたい
・中長期的な採用戦略の実践を外部に任せたい

フェーズ2で課題を再発見しても
それを解決しなければ採用は成功しません。

このフェーズにある企業は
そろそろ採用担当者をおくことも考えるべきです。

どういった視点で採用担当者を選ぶべきか。
どのように採用業務を引き継ぎ、
採用ノウハウを高めていくべきか。
TANGIBLEの研修やサポートを活用して
採用担当や採用チームを育てていきましょう。

「あえて採用は外部の専門家に」という場合は
半年からの契約で採用に関わる全ての業務をお任せいただけます。


Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa