マスへのPRは、急成長への近道。

「自社でPRを始めてみたが、手ごたえがいまひとつ」。
それはマスメディアとの付き合い方、
つまり「メディアリレーションズ」が分かっていないから。
日経新聞の記者として25年の経験とノウハウで
企業の認知度や、プロダクト、サービスのPR力が
飛躍的に高まるよう、お手伝いします。

新聞にニュースとして掲載されること=信用力。

読者数が減っている新聞ですが、
圧倒的に信頼されていて引用度が高いのも新聞です。
例えば、「日経新聞に掲載された社名、プロダクト、サービス」
として読者にインプットされることで、
企業やそのプロダクト、サービスの価値を広く読者に訴求し、
可視化することができます。

金融機関やベンチャーキャピタル、
またテレビなどの他媒体にとっても
「将来性がある企業」「出資、融資する価値がある企業」
とみなされ、
求職者からも「そこで働く価値のある企業」
と認識されるのです。

テレビ局の取材も来る?

日本最大級の新聞記事データベース、「日経テレコン」を最も利用しているのはテレビ局。つまり、日経新聞に掲載される企業が、取材先としてリサーチされているということ。日経新聞に取り上げられることが「テレビでの露出」への近道です。

toBにもtoCにも強い理由

■日経新聞読者の約4割が役職者で、約3割がシステムや設備の決定権を持っています。
■読者の平均年収は約921万円で、高い購買力を持っています。
■約70%の読者が、日経新聞に掲載されることは社会的影響力が高いと考えています。

ーPR・メディアリレーションズ実績ー

金属素材を開発・製造する
A社様(スタートアップ)

約10ヵ月間にプレスリリースを計3回作成し、配信。    計2回日経新聞に掲載。内1回は地域経済面のトップ記事になりました。

都内のフローリスト K社様

WEBとリアルを融合させたイベントを企画。3ヵ月間にプレスリリースを計2回作成し、配信。
テレビ朝日の朝の情報番組東洋経済オンラインに取り上げられました。

ヴィンテージカーオークションを手掛けるB社様

約半年間にプレスリリースを計5回作成し、配信。
オークションや新規事業参入のプレスリリースが、専門紙を通じてYahoo!ニュースに転載されました。

資料をご希望の方は下記よりご請求ください